スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首の静脈にCVを入れる

今日は次のクールからの治療に備えて中心静脈に点滴を仕込むので、午後はオペ室に。全身麻酔の準備にで朝から絶飲食でごはん小僧にはつらい日です。母もそんなテンテケ尻目に飲み食いするわけにはいかないので絶飲食です。

病棟にプレイルームというおもちゃや本がある部屋があるので今日は病棟のご飯の時間は絶飲食のつらさを忘れさせるために、手術しつから呼ばれるまでそこで遊んでいました。



手からの点滴は感染予防に一週間おきに号泣の刺し直しイベントがあり、片手が塞がり、遊びの邪魔になりましたがこれにすると両手が使えるようになります。それはうれしい。しかも太い血管に入るので、末梢のときのようにバンドで締め付けなくても、注射器でひけば出てくるので、毎朝の逆流採血の苦痛が減ります。


moblog_20e8cf50.jpg
CVの説明。外頸静脈か内頸静脈に入れます。それを皮下トンネルに埋め込み、首からでなく、胸のあたりから外に出す中心静脈カテーテルです。私は鎖骨下静脈に入れるCVしか知らなかったのですが、これの方が抜けにくいそうです。胸から出す部分には皮下にカフがあり空気を入れてふくらませて抜けないように固定してあるそうです

デメリットはしばらくずっと使うので感染の可能性。親は胸の点滴になり、そこからの感染予防をしなくてはいけなくて。外泊中の消毒やお風呂中に貼る防水シート管理に初めてでドキドキです。


CV入りご機嫌斜めのテンテケ
手術室から部屋に戻ったテンテケ。ご機嫌最悪・・・。麻酔が覚める一時間~二時間は気分不快で他の子供もご機嫌最悪で普段の人格とは違うそうです。脱げかけているので、オペ着からパジャマに着替えさせようとしたら、拒否。仕方なく、そのままでいました。まだCVは接続してなくて、蓋をしてテープで胸に固定している状態です。

手術用にしていた腕の末梢点滴も抜くどころではなく、夜に落ち着いてから抜きました。





私の不眠症は薬で改善してます。今日また受診でした。六人部屋は会話できるから気分転換になる反面、お互い様だけど寝なかったり、夜泣きしたり。どうしても色んな人がいるので、始終言葉による虐待を子供にしてるお母さんがいたり、病室では携帯会話は禁止なのですが長電話で激しい夫婦喧嘩してたり…部屋の中のみ可のときは否応なく耳に入るのでストレスもあります。ここ数日は部屋からプレイルームに出れるので避難できるように。テンテケが虐待ママにビビる一方でおもしろがって汚い言葉を真似してます。本読んだり密に接してるせいか大分言葉が増えました。乗り物の名前を覚えるのに夢中なようです

病棟内での世界が少し広がり、同じような治療をしてる子のお母さんと徐々に話すようになりました。個室時代はテンテケが小さいこともあり、短い時間しか部屋を空けれず周囲の小児ガンの子共をもち治療につきそうお母さんとなかなか交流できなかったけれど、1クールが終わり、ゆっくりあえて、実際話してみたら、病気も、病院から家の近さも様々ですが、子供の病気でつらいのはみな同じ。励みになります。


プレイルームデビュー
子供にとってはおもちゃいっぱいで、もちろんうれしいプレイルーム。でも、母親にとってもうれしい社交場。
これは数日前の写真

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

テンテケママ

Author:テンテケママ
東海エリアに住む主婦
写真のクマさんはテンテケ入院中の同志です。

子供たちが成長してきたため、写真など個人情報を多く含む記事は閲覧制限かけました。親しい方で、パスワードを連絡希望の方は下記のメールフォームからのパスワード照会をお願いします。

他の小児ガンの家族と情報共有するため治療関連の情報は変わらず公開しています。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。