スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉インフル予防接種終了

バアバが静岡に帰っちゃう前に、幼稚園の参観、ママ友ランチ会、ペンペコ予防接種など、テンテケを預けないとできない用事(ランチ会は用なのか?)を済ます。

やっと今日、ペンペコのインフル予防接種二回目が完了した。
大人は一回でいいのに子供は二回も受診しなくてはいけなくてなかなか面倒。
しかも、前回予防接種に行って、お土産に感染症もらってきちゃっているので風邪でもないのに小児科クリニックに行くのが気が重い。


テンテケは治療中で免疫抑制しているので、予防接種ができない。そもそも白血球が少ないので今注射しても免疫がつかない。二年間の治療が完全に終了してから、更に半年して免疫が回復してきたら予防接種を再開できる。

だからそれまでは家族がなるべくかからないように予防注射をしなくてはいけない。
注射したからかからないというわけではないので、安心はできないけれど。
私は前回ペンペコと同時にやったので、あとは主人が注射をしなくては。


moblog_4e955ad3.jpg
ペンペコの注射のご褒美はソフトクリームでした。



■クリニックの先生に待ち時間の短縮をお願いしてみる

予防接種の待ち時間がペンペコへの感染が心配・・・せっかく元気な状態なのに。念のため親子でマスク着用、手をアルコール消毒しまくり。おもちゃや本には触らず、席におとなしく座っているようにペンペコにきつく言い聞かす。(母、病的?)生来、落ち着きのないペンペコも5歳になり文句言いつつも守れるようになったからた成長したものだ・・・


ここのクリニック、予防接種は部屋を一応は分けてはあるのですが・・・午前午後で混雑状況に応じて広い待合と狭い待合の感染、非感染の役割を交代している。受付に聞くと交代の際に、おもちゃなどの消毒はしていないらしい。予防接種部屋を見渡すと予防接種部屋にもかかわらず、咳をしている子多数、ついでに下痢や咳で薬も出してくださいと看護師さんと話している母親・・・


実は、幼稚園のママ友と話していても、こちらのクリニックで予防接種後に水ぼうそうや風邪になったという証言をする人が二人いた。
本日、事前予約はしてあるけれど、予防接種が混雑しており30分待ち。うちにとってはかなり緊張感ある状況である。


かかりつけクリニックの先生はテンテケが発病する前から兄弟でお世話になっている。なのでテンテケの白血病のことも知っている。入院中に一度大学病院の病室にも様子見にきてくれたしペンペコ受診の際は「下の子元気??」と必ず聞いていただける。
退院後は小慢の追加申請をしてこちらのクリニックにも小慢が適用されるようになっている。退院直後に大学病院から診療情報提供書がクリニックに行き、情報を共有してくれている。

テンテケが感染症にかかると、あらかじめ電話をして、クリニック内での別の感染症にかかるのを防ぐため、駐車場で待機して、裏口から短時間受診させてもらうことも一度あった。



なので、なるべくならこちらのクリニックに継続して受診したい。先日ペンペコが予防接種の後に風邪をひいたのを先生に話して、白血病患者の兄弟の予防接種の待ち時間も短くしてもらえないか交渉してみる。


「OK」とのことでした。助かります。



ここまで言って確約もらっといてあれですが・・・やはり不安なので、インフルは二回終わったし、次回の日本脳炎予防接種から予防接種だけでも、換気システムが整っている、きちんと感染部屋を分けているとママ友から聞いた、他のクリニックに変えようかな~とふと考えたりする腹黒な母・・・
この冬を無事乗り切るためにも妙なクリニックへの義理立てや気遣いより感染にかからないほうが大事かも。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

テンテケママ

Author:テンテケママ
東海エリアに住む主婦
写真のクマさんはテンテケ入院中の同志です。

子供たちが成長してきたため、写真など個人情報を多く含む記事は閲覧制限かけました。親しい方で、パスワードを連絡希望の方は下記のメールフォームからのパスワード照会をお願いします。

他の小児ガンの家族と情報共有するため治療関連の情報は変わらず公開しています。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。