スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再受診。え!?マイコプラズマじゃないかも・・って・・・

ペンペコはトイレと風呂とクリニック受診以外、部屋から出してもらえない監禁生活が11/27から一週間。
熱はない。咳がたまに。寝しななど時々多少激しくなるが改善傾向。

テンテケのほうは元気そのもの。


元々外交的な性格なので、もう監禁生活にしびれを切らせています。かわいそうに。せめて家の中ではフリーにしてやりたいところですが、テンテケにうつさないことが第一なのでそういうわけにもいかず。

付添のバアバも缶詰生活に息がつまり、相当苦しい模様。逃げ場がない中、なんとか暇をつぶして遊ぶ。私もテンテケが遊び相手をもとめていつも以上に絡んでくるので、バアバ程じゃないけれど、毎食食事の支度の人数がいつもより多いのもあり、ちょっと大変。

週末はパパがいるのでバアバは一旦、持病のための受診もあり、静岡に帰宅。



≪クリニック受診状況≫
11/28月 受診。レントゲンに影。肺炎疑い。抗生剤三日分処方
11/29火 血液の抗体検査陽性
12/1木 再診察。経過良好。医師がもういらないかもと迷いつつ、あと二日減量した抗生剤を処方される。
12/3土 ペンペコの再レントゲン。影に変化なし。

肺の右上葉にあった影が土曜の時点でも、日数が経過しているのに初診の11/28と変化なし。主人から伝え聞いたクリニックの先生の話だと抗体検査も、聞けば実は感染してなくても反応が出る場合がある(過去に不顕性感染してたとか?)らしく、あいまいなものなので、もしかしたら、この右側の上葉の影は元々彼女にあったものなんじゃないかと。

なんと先生、レントゲン見て悩みながら「マイコプラズマじゃないかも知れない」と言われたらしい。

注:地域では定評があり、小児科医の腕としてはいいと思います。クリニックの感染対策、クリニック経営者としてのマネージメント能力については前述のとおり、うちとしては不満がありますが・・・。


えっなんだそりゃ!

でも、一応感染症ではあるわけだし、咳があるうちは飛沫感染の域から外れる1メートル距離を置くか、兄弟隔離したほうがいいだろうねというお話だったそうだ。二人とも幼児なのに常に1メートル距離を取るのは無理っしょ。


確か、テンテケの入院先の小児科の先生が、マイコの場合、肺のレントゲン画像は咳の症状が治まってからもなかなか時間が経たないと改善の変化が見られないことがあると話していたのでその典型例なのかもしれない。



マイコなのか風邪なのか、わからないが、いずれにせよ、もう少し隔離が必要な状況のようだ。
今回はいろんな意味で勉強させていただきました。

もう感染症・・・やだ・・・・
すっかり神経擦り切れて、ペンペコを感染症の巣窟、幼稚園にまた行かすのは今は気分的に嫌。しかし、そうも言ってられないだろう。もう少ししたら、ペンペコも母の気力も復活するはず。




■現代医学ってなんて曖昧

毎度、思うんだけど、医学ってわかんないこと多すぎ!
と言ったら主人が白黒つけたい傾向があるママには苦しいだろーね~。にやにや笑っていた。



テンテケの発病前の溶血性貧血の原因も複数の医師が話したけれど結局わからない。
テンテケが白血病になった理由もわからない。
テンテケの入院治療中、何度も悩まされた、クール後半、ずるずると続く炎症反応。可能性が高いのは中心静脈カテーテル経由と思われるものも、首のカテーテル周辺には全くそれらしい炎症所見がなく、なぜなのかわからないけど、可能性があるからと二度も全身麻酔してせっかく入れた大切なカテーテルを抜いた。そしたら炎症反応が下がった。



あ・・・だから、うちは主人の研究の仕事で食べていけるのですね。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

そうなんですね~


隔離もう少し頑張ります。

素人(私は免許だけ持ってる素人です)からするとお医者さんて、頭良さそうだし勉強してそうだし、権威あるし、いろいろ知ってるんだろうなって思っちゃうんですよ。実際色々なケースをご存知です。



入院治療を経験してみると、医師の治療って経験に基づくヤマ勘的なところが多いような気がしました。職人ですよね。
抗生剤のタイプ、これで効いたからよかったね、症状・・まあ、なくなったかたよかったね。みたいな。結果オーライ。

主人に言ったらお前の旦那の分野がその最たるもんだと言われました。(元精神科)

医療は、曖昧なことだらけですよ。エビデンスは、限られた患者集団の限られた条件下での優劣でできています。
ただ、ペンペコちゃんは、経過から推察すると、マイコプラズマ肺炎でまず間違いないように思われます。大変ですが、隔離はしっかりしたほうがよさそうです。
プロフィール

テンテケママ

Author:テンテケママ
東海エリアに住む主婦
写真のクマさんはテンテケ入院中の同志です。

子供たちが成長してきたため、写真など個人情報を多く含む記事は閲覧制限かけました。親しい方で、パスワードを連絡希望の方は下記のメールフォームからのパスワード照会をお願いします。

他の小児ガンの家族と情報共有するため治療関連の情報は変わらず公開しています。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。