スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリニック鞍替え

春になってきた。と、同時に昨年同様、ペンペコに鼻づまりの花粉症症状が現れ始めた。

今回、ついに、かかりつけを変更しました。
風邪でもないのにこの感染症流行ピーク時期、感染症で受診しているお子さんと同じ空間にわざわざ行くことに抵抗があり・・・。

こちらのクリニックはクリニックの方針で、構造上、玄関から健診予防接種と診察エリアを分けてくれて、空間も壁でしっかりと遮断されている。
前もって数日前に、うちの感染に対して警戒しなくてはいけない特殊な事情を電話で話たら、特例として、花粉症のペンペコの受診でも健診入り口から入れていただけることになる。

ペンペコの受診ついでにテンテケのも、診療情報提供書を持っていき、本人は受診せず、カルテと診察券だけ作っていただきました。テンテケも感染症で他の子供にうつさない配慮で大学病院を受診できない時がある。こういう時にクリニックに受診する。車で待機して、別の感染症を拾わないように、診察のときだけ院内(感染症時なので健診ブースではなく)に入る形にしていただくようにお願いした。

P1000097blg.jpg


今までのかかりつけ、先生には満足していたのですが、予防接種部屋と診察対象の部屋を午前午後でおもちゃの消毒もせずに入れ替えていた。空間も受付でつながっていて完全には遮られていない。予防接種に行って水疱瘡など感染症をもらったと証言するママ友複数・・。うちも予防接種後に風邪になった経験あり。
クリニックの感染対策が甘かっただけでなく、受付嬢たちが妙にケバかったり、こちらが敬語の場合もなぜかため口。クリニック勤務のくせに、受付嬢がなぜかマスクなしでゴホゴホ咳していた。(クリニックのスタッフが感染拡大させてどうするんだ?)。夫婦ともに、ペンペコのインフル予防接種目的などで受診させる際はかなり見えない病原菌に対する緊張感があり、受診から家に帰ると感染不安の緊張感が解けてぐったり疲れていた。



実は、今回受診したクリニック、入院時代、テンテケが大好きだったクマ先生の日曜のバイト先だった。
現在クマ先生は東京に行って大学病院もやめてしまったが。

しかし、診察をしてくれた院長先生にクマ先生の話をしたら、現在大学病院でお世話になっている病棟長や外来長もたまに大学病院勤務が休みの時にバイトに来ているらしい。これは・・頼もしい!

ということで鞍替え確定です。



受付の方、初めての電話の対応も安心感があり、とても落ち着いている。しかも親切にも、小慢のクリニックの変更方法をわざわざ保健センターに電話してもらい、帰宅後に自宅に変更方法の案内の電話をもらう。
一週間くらい変更の手続きにかかるそう。近日中に、もし、テンテケがインフルにかかると大学病院外来に受診はできない可能性が高いし、感染症にかかる前に行ってこようと思う。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

本当参考になりますっ(^-^)

関係ないのに コメントに参加しちゃいました(^∇^)
先輩お二方のお話し ためになりますっ☆
予定されている治療が済んでも
やはりまだ いろいろあるんですねっ
ヽ(´o`;
ウチは 外来治療が始まったばかりなので まだ まだこれからですし、今後 幼稚園に通わせる様になったら いや〜な病気をもらってしまう事もあるだろうし いろんな壁にぶち当たるんだろいなぁ〜(>_<)
覚悟しておかないとですねっ!


はなさんのブログを読ませていただきました。
読みはじめ、めっちゃくちゃ泣いてしまいました。
ウチの息子の発症した時の事 を想い出しました。
あれだけ泣いて泣いて泣きまくりだった日々の事をいつの間にか忘れてしまっていました。
今、治療はまだ続いていますが
生きてくれていて 毎日一緒に家で笑って過ごせている事に本当に感謝したいです (^_-)
1日1日を大切に生きていかないと!と、気付かされました☆彡

ありがとうございます

三か月はバクタに生禁なんですね。

受診間隔があく
食べ物の生禁が解除される
予防薬のバクタから解放される

楽しみです。

それと同時に検査結果に毎回ドキドキするというのはすでに治療を終わった周りのお母さんから何度か聞いたことがある言葉です。

良い方向に向かってずっと先にお互い子供と一緒に笑っていたいですね。

こちらこそ

先輩だなんて…そんな大層なものじゃないですよっテンテケママさんのほうが、たくさん勉強して知識も豊富かと思います

いつも本当にすごいな~と拝見させていただいています。とっても為になります

うちは、現在は兵庫県なんです。もうすぐ引っ越しますが
住んでいる地域が離れていても、ぜひこれからも皆さんと情報交換などして頂きたいです

うちは治療が終了して、もうすぐ3ヶ月になりますが、主治医からは治療終了後3ヶ月までは免疫が不安定なため、この期間がすぎるまでは感染のリスク管理としては治療中どおりにしといてと言われているので、まだ生ものも解禁していません。
バクタの飲み薬も続けています。
でも、それもあとちょっとのはず!
今は治療終わっても油断しないように、感染対策は従来どおり頑張ってます。
月一の検査はやっぱり不安ですが、通院の負担はかなり軽減されたので、そういう意味では楽です。
もうすぐ3ヶ月経つので、少しずつ通常の生活に戻していく準備をしたいな~と考えています。

テンテケママさんも、もうすぐですね!
無事に治療が進むことを祈っています

また、ちょこちょこお邪魔します

v-407もう電話したんですね!そちらも素早いっ!

結局、家に引きこもってるからちょいちょい空き時間にPCの前に座っちゃいます。(つまり暇人)
うちも自分のとこのことしかよくわからないので、いろいろと知りたいです。

もっかい検索してみたらいつも小慢で行ってるの、三重県では保健センターじゃなくて、保健福祉事務所でした。ごめんねv-356

地域によってシステム微妙に違うのかもしれないですね。

追加申請、新しい居住地のクリニックも認められて医療費の心配がなくなるといいですね。



・・・ところで、ふと思ったんですが、最近コメントくださる、あいくんママさんとうっちーとさん、お子さんの年齢近いし、大阪で、もしかしたら居住地ちかいのかも・・・。あ、でも確か、これから引っ越しちゃうんですよね。

お二人とも、確か男の子で、一人目だし、共通項多いかも・・・と思ったり。

うっちーとさんはうちより治療の先輩なので、うちもぜひいろいろと教えていただきたいです~。

もう生禁解除になりました?どんな食べ物からお子さんにあげますか?

これからもよろしくお願いしますv-410

素早い解答ありがとうございます

詳細に解答して下さり感謝感謝です!

なるほど!免疫が弱いから感染症にもかかりやすい→小慢の適応となる。

たしかにそうですよね!
納得です。

病院の追加申請については、さきほど現在住んでいる保健所に確認してみました。
そちらでは、追加申請の際に現在のかかりつけ医に書いてもらうものはないと言われました(?_?)

県によって違うのかもしれませんので、引っ越し先の保健所の方にもまた確認してみます(^O^)

払い戻しの件も詳しく教えて下さり、ありがとうございました!
また、何かありましたらよろしくお願いします(^-^)

追加申請をしたら大丈夫だと思います

数を増やす追加申請の場合は今現在、白血病を治療している医療機関の医師に書いてもらった書類が必要です。最寄りの保健センターに電話で問い合わせるとより正確なことを教えてもらえると思います。書類も郵送してもらえると思うので、それを外来受診日に医師に渡せばよいと思います。


一度追加申請が通ってしまえばその数の中であれば、病院の変更は簡単なA4サイズの書類で。保健センターにハンコと小慢受診券をもっていけば医師の書類なしで勝手に自分たちでできます。

感染症に弱いのも、治療中で免疫状態が悪いためなので、感染症で受診の際も適用になると思います。うちは今までそうです。

感染症で以前抗生剤点滴のため一週間弱、治療中の大学病院ではないほかの総合病院に入院したのですが、そちらにも適用されました。入院直前に受診した小児科クリニックの支払いにも適用されました。


もう少し正確にお話しすると、うちの場合は、その際、同じ月で複数の医療機関(大学病院、別の総合病院、かかりつけ小児科クリニック)を受診することになったので、管理表というメモのような紙が必要だったのですが、保健センターの担当者の送付ミスで管理票をもらっていませんでした。

で、よくわからなかったので、一度は請求された分、通常の負担割合で支払しました。

後日、保健センターにその際にもらったクリニックと別の総合病院の領収書とハンコと受診券を持っていったら、払い戻し手続きをして余分に払った分は銀行振り込みで返金してもらえましたので、結局その月に支払った医療費は小児慢性特定疾患の入院のあった月の上限額ということになりました。

質問です

いつも拝見し、勉強させて頂いてます(^-^)

今回一つ質問なんですが…

クリニックの変更のクリニックとは、治療に通院している大学病院とは別に通われている病院だと思うのですが、うちは今まで、風邪をひいたときなども治療していた病院に通院していたので、他にかかりつけはありませんでした。
しかし、来月県外に引っ越す予定であり、定期検査などは今の病院に通う予定なんですが、風邪などのときは引っ越し先近くの病院に通院したく考えております。その場合は、小児慢性のかかりつけの追加となるのでしょうか?
治療とは別になるしな~と思ってたのですが、今回のブログ内容で小慢の手続きの変更を…と内容が出ていたので。
是非教えて下さい!
プロフィール

テンテケママ

Author:テンテケママ
東海エリアに住む主婦
写真のクマさんはテンテケ入院中の同志です。

子供たちが成長してきたため、写真など個人情報を多く含む記事は閲覧制限かけました。親しい方で、パスワードを連絡希望の方は下記のメールフォームからのパスワード照会をお願いします。

他の小児ガンの家族と情報共有するため治療関連の情報は変わらず公開しています。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。