スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレイルームという場所

入院病棟にはプレイルームという、医療行為を行わない子供が安心して遊べる場所がありました。

治療による痛みや苦痛を伴うつらい経験は子供の心を傷つけます。この部屋は子どもを癒し、本来のその子らしさを存分に取り戻せる部屋です。治療中の子どもにとって遊ぶことはとても大切なことなんだそうです。



大学病院のCLSさんの説明を見たい方はこちら・・・(勝手にリンク貼り中)プレイルームのほかにも、CLSさんのお仕事、プリパレイション(遊びを通した医療行為への理解)、家族支援など多岐にわたる説明があります。年齢に応じた子供に対する処置の事前説明、処置、手術室への付添。愚痴の聞き役。何から何まで、CLSさんがいてくださって本当に助かりました。
http://www.medic.mie-u.ac.jp/pediatrics/clp/index.html

また、同年代、異年齢の子どもと一緒に遊ぶ経験は入院という一般社会とは隔絶された特殊な環境ですごすこどもの社会性をはぐくむ場としても役割があるんじゃないかな?と。時に熱くなって喧嘩に発展してしまうお子様同士もやり取りをそばで見ながら私も感じました。同じおもちゃで遊びたがった時、ゲームで負けたとき小競り合いが起こることもあったけれどそれは一般社会にいる子供にとってはごく自然の事。

基本的に、ここには医師や看護師さんは医療行為目的には絶対入ってこなくて。チャイルドライフスペシャリストさんと子供たちの領域です。あとお付き合いに母親もいたり。うちは入院当時はおちびで、ほっておくと何やるかわかんないとこがあったので常にマンツーマンでしたが、中学生や小学校高学年くらいになると、それぞれ、子供のみとか母親のみ漫画読みに来たりおしゃべりにきたりということもあるようです。

たまに看護師さんは点滴の閉塞でアラームが鳴ってナースコールした場合に入ってきてくれたり。遊んでいて部屋にいなかった場合に簡単な話しを伝えに来たりということはありました。
もし医療処置がある場合は一度、部屋に戻るように指示がありこの部屋では基本的に治療行為はありません。





利用者の際の簡単なお約束事項なんかもあって。

おむつ替えはしない
飲食はしないとか・・・
まあごく基本的な。
プレイルームに来れるのは白血球が1000以上ある状態の時です。1000を下回ると感染予防のために部屋から出れなくなります。

利用できる時間は決まっていて、確か朝6時だったかな・・・から夜11:00と割合長く。
私はこの時間以外にも夜中テンテケが夜泣きで大部屋に居辛いときにテンテケ抱っこでゆさゆさしながら利用したことが何回かあります。

入り口に、
点滴用の延長コード
点滴台のキャスターが汚れているので、点滴台を置くためのビニールシート
が置いてあって、点滴が三個以上ついていてもこれのおかげで充電を気にせず、この部屋で遊べるわけです

輸液ポンプを三個もつけた点滴台はかなりの重量なので、先にいる子どものお母さんが室内への入室の際の段差を持ち上げてくれたり、退室の際片付けたりお互い協力したりする風景も。

moblog_c0e3e2aa.jpg
旧病棟のプレイルームです。今はもう新病棟に移ったので使われていません。広々。

プレイルーム大工道具
同室のおにいちゃんたちと20110107
プレイルームデビュー20100831
入って左側の棚は、絵本、児童文学、漫画もずらーり。
気に入った本は各自のベッドに借りて持っていったりもできます。漫画のみ、貸出ノートに記名必要。
幼児ようにロディやら足けり車も複数台。人口密度が低いときは乗り回してました。

チャイルドライフスペシャリスト20100802
プレイルームに行けない間は、たまにチャイルドライフスペシャリストさんが部屋までおもちゃや工作とともにやってきてくれる。大きい子だとカードをつかうゲームや将棋なんかもしてもらっていた。


あとイベントなんかも。知っている限りでは、バイオリンコンサート、プロのマジシャンの手品ショー、クリスマス会、アニマルセラピー、GTレーサーとのふれあい会とか・・
大学生のサークル主導のクッキング、ゲーム大会、工作(ハロウィンの仮装行列の衣装づくりなど)
CLSさん主導で、季節行事の七夕の短冊づくり、お絵かきとか、手芸とか書道なんかもやってました。

ともかく、楽しくてわくわくして、癒されて、そういうことがいっぱいの空間になっています。
病棟クリスマス会お医者さん20101221
クリスマス会で踊る先生たち(忘年会ネタらしい)
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

テンテケママ

Author:テンテケママ
東海エリアに住む主婦
写真のクマさんはテンテケ入院中の同志です。

子供たちが成長してきたため、写真など個人情報を多く含む記事は閲覧制限かけました。親しい方で、パスワードを連絡希望の方は下記のメールフォームからのパスワード照会をお願いします。

他の小児ガンの家族と情報共有するため治療関連の情報は変わらず公開しています。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。