スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水疱瘡感染報告の対応

月曜日です。
朝、二人とも幼稚園バスには乗せず自宅待機。のんびり春休みモードの二人。

まず、出欠がわかったころを見計らい幼稚園に電話
水疱瘡は金曜日と変わらず、同じ子一名。
後は風邪が園全体で三名
  ↓

病院に電話

状況をDRに説明。
結論は
ペンペコ→健康だし、予防接種してあるので行っても大丈夫
テンテケ
潜伏期間の二週間を完全に幼稚園休ませるか、あるいは抗ウィルス薬のゾビラックスを予防内服して通いつつ状況を注意深く観察して随時対応していくか。「行ってはダメ」とは医師は言えないので最終的には親御さんが判断してもらうことになる

ただ予防的なゾビラックス内服っていうのは、本来は自分の中にあるヘルペスや、帯状疱疹を予防する意味合いで飲むものなので、予防的に飲んでいてもかからないとは保証できない。もし症状が出てきたら、すぐに免疫グロブリンを入れる。内服の抗ウィル薬で対応できない場合は市内の他の総合病院に入院して点滴治療を受けることになるし、治療はいったんストップする。それを覚悟していくなら行かせてくださいとのこと。

幸い手持ちのゾビラックスがあるので、明日の外来受診まで家で一日一回飲ませるように指示がある。

  ↓
ふと横を見ると、ひとりで着れなかった制服を一人で初めてほとんど着て幼稚園に行く気満々のテンテケがアピール。ワイシャツの一番上のボタンができなかったのと、ブレザーの上にズボンの肩紐がかかっている(逆です)以外は完璧。
わかったよ・・・連れてくよ。



というわけで水疱瘡で入院しても(私の)自己責任ということで、幼稚園に連れていく。
また、何か感染状況や、二人の体調に変化が見られれば、すぐに対応することに。

発症がもしペンペコなら姉弟の長期隔離生活突入(マイコの悪夢がよみがえる)とテンテケはゾビラックスの予防内服だろうな。


P1000330.jpg
今日は出足が遅かったのでテンテケも2:30のバスに乗って帰宅。しかし、今日は疲れたようで、降園のバスで爆睡テンテケ。抱っこで先生から受け取る。呼んでもゆさゆさしても起きてくれないので、そのまま抱えて家まで連れ帰り昼寝続行。疲れて体調悪いのかしら・・・?とふと心配になるほど熟睡


テンテケ本体とペンペコの放り出した分二人のカバンを抱えて早く帰りたいのにペンペコは公園で友達といつものように絶好調で遊びだし、熟睡テンテケがと荷物が肩に重たい・・・。

やっとのことで自宅に帰るように促すと逆に、すたすたと先に歩いて自宅の門をあけて、母たちが入るまでそのまま開けておいてくれるかと思いきや、暖房のためにドアを閉める習慣のせいか、門を閉められご丁寧に鍵までされる。エエーッ

性格的に視野が狭く、空気や相手の気持ちを読むのが苦手なペンペコ相手に久々に本気で腹立った瞬間だった。




P1000311blg.jpg
カラー帽子に手芸やで買ってきた赤い布で日よけを付けてみる。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

テンテケママ

Author:テンテケママ
東海エリアに住む主婦
写真のクマさんはテンテケ入院中の同志です。

子供たちが成長してきたため、写真など個人情報を多く含む記事は閲覧制限かけました。親しい方で、パスワードを連絡希望の方は下記のメールフォームからのパスワード照会をお願いします。

他の小児ガンの家族と情報共有するため治療関連の情報は変わらず公開しています。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。