スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M先生を訪問

■M先生に癒されに。テンテケも二時間ぶっ通しで遊ぶ。

二歳児保育時代のМ先生から、お家にいるんだったら、駅前の幼稚園にまた遊びにおいでよって言っていただいて。

パートのM先生の仕事が終わった昼ごろに以前通っていた二歳児保育の教室にテンテケと一緒にお邪魔してくる。もう、遊び相手に飢えているテンテケ大喜び。
保育室のおもちゃを好きなだけ使わせてもらい、積み木したりままごとしたりパズルしたり、しかも遊び相手は遊びのプロのM先生。おしっこに行くのも我慢して、二時間遊んでも、まだ帰りたがらず、トイレに無理やり連れて行き、やむなく抱えて幼稚園を後にする。


テンテケを遊ばせながら、4.5月の幼稚園とのやりとりの経過をお話しして、感染が怖くて誰もいない近所の公園で孤独に母子二人っきりで遊んでいた日々のことをお話しして、

「お母さん、それ辛い・・・ペンペコちゃんいなかったら山の手の幼稚園やめてたでしょ?」って言われる。

・・・そうかも。

たぶん、ペンペコと通えるという最大のメリットがなければ、めげて山の方の幼稚園やめてたかも。
一番の理由は多分、4.5月、引き落とされる多額のお金に見合うサービスが自己の都合で休んでいるとはいえ、結果的に殆ど受けれなかったこと。行きたくないのならともかく、当初はテンテケも私も、とても幼稚園に行きたくて仕方ないのによそ様の感染症で行けないという状態だった。せめて・・・とお願いした工作さえ、結果的に一度も自宅ですることができなかった。


しかも、三月の三者面談に来てもらった時点で全く聞いていなかったのだけれど、三人の先生のうち担任の先生を除いて、園長先生、副園長先生二人は四月の人事異動でいなくなってしまい、幼稚園のトップは総入れ替え状態に。新体制でばたついている感のある幼稚園・・・。



不思議とこの山の手の幼稚園は、風土が合わずに辞めて、近隣の公立の幼稚園やキリスト系の幼稚園に変わる子というのが、理由を聞くほど親しくなかったけれど、周りにも何人かいて。ペンペコにとっては理想的な幼稚園だったからうちは今まで感覚としてわからなかったけれど、今回なんとなく、辞めて行った子のお宅の気持ちがわかった。高い制服類を一式お下がりでなく、自分で購入してたとしたら、さぞ無念だったろう。



■入園前の書類に休園料など手続きにかかる説明がなかった幼稚園の慣習

こうなってから提示された休園料が調べた相場より高いこともかなり頭を悩ませた。近所だから、周りの子も行くしという理由で選んだのですが、実は、もともと保育料がなかなかなお値段なのです。しかも兄弟割引いっさいなし。制服類も異常に高い。(←制服類は高いのでつてを頼って卒園した家庭からお下がりをもらう事が多い)

こういう状況になって、今頃気づいたけど、休園の料金については入園前のどの書類にも記載がないので不明瞭。8月の保育料についても、同じことが言える。慣習がまかり通るというか。習い事なら、最初に契約書がありきで、こうじゃないよなぁって思う。うち、能天気に順調に通えると思っていたので、休園するつもりは毛頭なく、テンテケの入園前に確認せずに、決めていた・・・。うちにも落ち度はある。

幼稚園を休園する・・・・というのは想像してみると多いのは二つだろう。
「母親の里帰り出産」
「子供の急な入院」
あとは子供をつれて一時期、親戚や離れて暮らす父親に会いに行くというケースもあるかも。

いずれも、入園時に予測できるかというと、難しかったりすると思います。入園して、お友達関係もできて簡単にやめられなくなってから、休園料の話を後出しにするのはちょっと、どうかなぁ・・・なんて思います。普通習い事だったら契約の時点でもう少しきちんと決まっているんじゃないのかな?って思います。

今回、休園料金の相場を調べることになり検索してみると、いない間、他の園児を募集できるのに、席を確保するという意味で休園料金を払うのは当たり前みたいな意見が多いのですが、しかし一方、あっちでもこっちでもそんな質問が寄せられている。それだけ質問に挙げている人が多いということは、入園時説明がなくそういう状況に置かれて、行ってもいないのに私立幼稚園に対して多額のお金を支払う事に対して引っかかる親が多いということです。


今の幼稚園、お外を走り回り少々怪我しても大丈夫なペンペコにとっては、山や森で貴重な自然と触れ合え体をフルに使える、体育や、教育にも(入学準備程度でお勉強一辺倒ではない)熱心でとても素晴らしい幼稚園なのです。

しかし、兄弟とはいえ、体の弱いテンテケにとっては果たして適切な幼稚園だったのか・・・。秋以降のテンテケの体力の回復に望みをかけていますが・・・。幼稚園は小学校と違って選べるからまた悩ましいです。


公立の幼稚園なら、帰宅時間は早いし、送り迎えも自分で。しなければいけないことは増えるけれど、金額は桁が一つ違って〇000円と安いし、もしかしたら、頻繁に休むテンテケの場合公立幼稚園のほうが良かったのかもしれないと、感染に弱くて水疱瘡流行中の幼稚園に通うことがあまり推奨される状態でない今は思ったりする。

■幼稚園の水疱瘡は拡大中

そういえば、幼稚園の水疱瘡・・・・予測通りテンテケが休園を決めた後、倍々で感染者が増えて、保護者の間でも流行っていると噂になっている。
やはり、あの時点でテンテケを休園させる判断は正しかったのだと再認識。そしてペンペコにもかかりつけの勧めで二度目の水疱瘡の予防接種をしたおかげで少し安心して過ごせている今日この頃です。



■小児ガン患者・家族は感染症に神経のすり減らしてるんです

感染・・・目に見えないから本当に悩ましい。そして怖い。入院中は白血球が少なくてむちゃくちゃ怖かったけれど、維持療法で自宅にいる今は、入院中とは違って白血球はそこそこあるものの、病原体と接触する機会が多いから違った意味で神経が磨り減る。

この感染症に対する母親の過敏な神経というのは、子供の抗がん剤治療を経験したものでないと感覚としてわからないのかもしれない。

大人の抗がん剤治療に対しても感染症に気を付けなくてはならないことは、自分の母がガン経験者であり20代にその療養を数年間支えていたから身をもって知っている。半年以上の入院中、家族もとても気を使ってうがい手洗いをしていた。

しかし、小児、特にテンテケのような幼児の場合、大人と違い、本人がセルフケアをどこまで行えるかというと、完全には無理でしょう。で、母親や父親に感染防御の責任がのしかかってくる。維持療法では投薬も同様です。

親というものは私だけでなく、たとえば他の病気でも自分の子どもの健康状態が損なわれる状況に置かれると自分を責めてしまう傾向がある。この親への重圧。いつもピリピリと張り詰める病原体への神経。

こればかりは、経験者か想像力豊かな方でないとわからない。M先生は共感力がすごくて。いつもテンテケの来る日は床を消毒を入れた水でもっぷがけしれくれたり、ほとんど親と変わらない、いや、それ以上の感覚でまるで自分の子供を思うように感染対策を考えてくれる視点を持っていた稀有な先生です。これは、うちに対してだけでなく、発達障害があるかもと言われた子に対しても同じ。だからお世話になった母親たちはみんなM先生に救われるのです。こういう想像力豊かな先生に巡り合えたことがうちにとっては本当に救いです。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

テンテケママ

Author:テンテケママ
東海エリアに住む主婦
写真のクマさんはテンテケ入院中の同志です。

子供たちが成長してきたため、写真など個人情報を多く含む記事は閲覧制限かけました。親しい方で、パスワードを連絡希望の方は下記のメールフォームからのパスワード照会をお願いします。

他の小児ガンの家族と情報共有するため治療関連の情報は変わらず公開しています。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。