スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットを飼うことになりました

治療のため、我慢我慢の二年間を過ごしてきて、ようやく最近治療終了。
失われた二年を取り戻せるように生活を楽しむことを第一にやっている。


そこで、ずっと家族で治療が終わったら・・・と話していた、ペットを飼うことになった。
お世話が哺乳類よりも楽なので、爬虫類の中で考えていた。
エサの調達のしやすさ、水棲の亀より乾燥しているので衛生的によいということもあり、その中でリクガメに決定。爬虫類は変温動物なので温度管理だけはちゃんとしなくてはいけない。


で、知り合いのペット業者に相談して、①寒さに弱いリクガメの中では比較的寒さに強い、②巨大にはならないという要素で初心者に飼いやすいと教えてもらった、このカメを飼育し始める。

DSC04328blg.jpg

ヒガシヘルマンリクガメ。一歳半のオス。「サンダー」(子供が命名)

エサは一日一回、小松菜、人参、かぼちゃなど栄養価の高い野菜や亀フーズを水にふやかしたものをバランスよく。


寒いと亀も風邪をひいて鼻水が出るらしい。ホシガメは寒さに敏感なので、一度寒いところに置くと、すぐに鼻水を出すのだとか。


P1000916blg.jpg
リクガメ飼育の本に「飼い始めたら健診に行きましょう」とあったので、昨日、母、人生で初めて動物病院受診。

健康診断で寄生虫検査もクリア。健康状態も太鼓判をもらう。
テンテケの病気もあるし、ペットからの感染は避けたいところ。ひとまず安心。
部屋で放し飼いする人もいるらしいけれど、うちは感染やら衛生面優先で行きたいので、基本、ケージ飼い。たまに庭遊びの時に一緒に外で遊ぶようなスタンスで行く予定。

普通は病院で最初、甲羅に引っ込んで出てこないらしいのだが、人なれして元気に暴れているので獣医さんが驚く。


獣医さんから飼育するときの注意とか、色々アドバイスをもらえて、出費は2500円ほどだったけど、なんかあったらすぐに頼れるし、行ってよかった。


■獣医さんやペットショップの担当者から教えてもらった飼育アドバイス

エサさえあげていたら生きているという、比較的飼いやすい動物なのだそう。しかも一日くらいならエサをあげなくても大丈夫だったりする。
落としたり、踏んだりして甲羅がわれてしまうと命を落とすので気を付けるようにと。
外に出すときは、カラスなどに襲われたり逃げることがあるので、目を離さない。
異食をすることがあるので、に気を付けるように。
飼育場所は、冬場の寒さや気温の寒暖差に弱いので、なるべく隙間風のない場所、リビングなど暖かい場所に。サーモマットを設置していれば寒くてもそこに避難するので冬眠したり死ぬことはない
冬眠もするけれど、かなり体力を消耗するのでなるべくペットとして飼う場合は冬眠させないほうが良い。
一週間に一度くらいのペースで温浴させてあげる。(体の汚れを落とす目的も)
甲羅の形成に大切なので日光浴をさせて紫外線を浴びるようにする。(冬は室内でガラス越しに)
エサとしては、まんべんなくいろんな野菜を与えると栄養が偏らない。小松菜は甲羅の形成に必要なカルシウムが豊富なのでよい食材。
爪が伸びたら、切るかやすりで削る。

などなど・・・


P1000914.jpg

今は玄関に仮置きしているけれど、朝晩冷えてきたので、冬に向けてリビングに移せるように、お部屋を準備中。
床にヒーターや太陽代わりになるライトが設置してある。サーモセンサーが付いていて、ケージ内は28度くらいに維持されている。
さすがに動物だし、ケージを温めているので若干匂うけれど、草食なのできつい匂いではない。子供や父はへっちゃらみたいだ。匂いに母慣れるかしら・・

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

まあ奇遇

リクガメいいですよぉ。スローでむしろ子供より大人のほうが想像以上に癒されました。

温度管理さえ自動ですれば、一泊旅行くらいなら気軽に行けるのも魅力です。

庭とか、広い場所に連れてくと生き生きして喜んで歩いてますよ。

主人は朝一回、野菜刻んで与えてバクバク食べている亀をうれしそうに眺めてから職場に行ってます。子供たちは無論大喜びで話しかけてます。注意しないと子供がケージから持ち運んで落としそうなので取り扱いの教育中です。


かなり寿命は長いです。20-30年。うちは取扱いの業者がもし、飼育が難しくなったら引き取ってくれるとも言ってました。今のところは20-30年のお付き合いになる覚悟なんでその予定はないですが。

リクガメの中でも大きくなる種類だとエサ代が半端ないらしく、途中で動物園に引き取ってもらう羽目になる飼い主もいるそうで、あまり大きくならないほうが一般家庭では飼いやすいそうです。

主人は職場でヘビ飼ってますが、こちらはエサが冷凍マウス。電池レンジでチンしてあげるので、自宅の電子レンジ使われたくなくてヘビは却下。万が一逃げ出した時にご近所で騒動になるし・・・


笑っちゃいました( ´艸`)

まったく同じ理由で最近リクガメ飼おうかと色々検索してました(笑)
水系の生き物は感染怖いし、かといって昆虫みたいに懐かなさすぎるのも面白くないし、ほ乳類は大変そうだし
行きつくとこはリクガメになるんですね( ´艸`)
どれくらい生きるんでしょう?
まだ悩み中ですが、動物大好きなのに触れないのもかわいそうなので何か飼いたいです
リクガメ感想教えて下さいね~(^^)/
プロフィール

テンテケママ

Author:テンテケママ
東海エリアに住む主婦
写真のクマさんはテンテケ入院中の同志です。

子供たちが成長してきたため、写真など個人情報を多く含む記事は閲覧制限かけました。親しい方で、パスワードを連絡希望の方は下記のメールフォームからのパスワード照会をお願いします。

他の小児ガンの家族と情報共有するため治療関連の情報は変わらず公開しています。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。