スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治療終了2か月後の外来

運動会が終わり、代休が終わり、翌日、うっかり忘れそうになってたけど、外来日だったことを思い出した。
ということでテンテケは幼稚園お休み。病院行ってから幼稚園行く?って聞いたら「おうちにいたい」とのことで、まあ、無理させる理由もないし、受診も何気に疲れるし、幼稚園はお休みに。



朝8時半に病院着。帰宅して時計を見ると11時。今までで一番早く帰れたかも。


一か月ぶりに会う、なじみの看護師さんやクラークのおばちゃんが「テンテケちゃーん」と優しく出迎えてくれてテンテケご満悦。採尿も家でトイレしていかなかったからばっちり。


と、思ったら採血。維持療法中以上に拒否。久々だと嫌さが増すらしく。処置室のドア付近の壁に隠れてなかなか処置室に入らないテンテケ。母無理やり連行。ぎゃんなきしても、ちっとも腕を動かさないのは長年の経験によるもの。


採血終わってほっと。
テンテケは病院=お菓子を好きなだけ食べれると思っているらしく、朝、いそいそと好きなお菓子を巾着に自分で詰めたものをさっそく次々食べだす。
P1000941blg.jpg
口いっぱいのグミをほおばるテンテケ。なぜグミを一度に全量食べるのでしょう・・・


■なぜか初めて外来で小児科の教授の診察を受ける

と、すぐに第一診察室に呼ばれてビックリ。一診は小児科のトップ、K教授の診察室で他の部屋より格段に広い。うちは維持療法中、3診や4診が多く、一度もその部屋に呼ばれたことがなかった。一診に呼ばれるのはいつも移植をした子など。HRやSRの子はまず呼ばれない。

口のまわりに黒糖麩菓子の黒糖つけたまんまのテンテケ診察室に。


K先生は天然、面白いおじいちゃんって感じで。貫禄とか威圧感とかはあんまりなくて、子供を茶化したりちょっかい出したりするのが好きな先生。でも不思議とカリスマがある感じで。時々失言癖があり、入院中何回か回診中の発言で不快な思いをして、もぉ・・・とあったまきたときもあったけれど、(部下の先生があとでフォローをしてから去って行った)不思議とそれが雰囲気で許されてしまう人。


カルテ書きとフォローをA先生。
医学部生さんが二人。・・・・なるほど。初めて一診に呼ばれたのは教育材料にされるわけね。ま、いっか。
学生さんにもにょもにょおなかをされて、トーク大好き息子は、「おひげ生えてるねぇ。」「パパのは痛いよ」「きみも20年したら生えてくるよ」とか学生さんとのトークを楽しんでいた。




■血液データ
WBC 7300
Hb 12.4
Plt 32万


グロブリンの結果は遅れて出てくるので今回はまだ出ていないまま診察終了。たぶん横ばいだろうという話で。400台ってことかな。600台にならないと予防接種の許可が出ないそうです。


どうも、母と教授がかみ合わない会話をしていたので、
PC前にいた、カルテ書きしてるA先生の注釈を聞いて、
「ああ、なんだまだ治療終了後、二か月か。そんなもんだよ」って。←K先生、治療後何か月か把握してないで診察してるのか。先生らしいよ・・・。てか、カルテ全く見てない!

K先生「それならまだ生禁だろ?」私「え!?生禁なんですか!?先月解除って聞いてるんですけど・・・」A先生「ガンマグロブリンは低いんですが、リンパ球がたくさんあるので大丈夫だろうってことで解除になってます。」
というような、やり取り。・・・え~っと、次回は教授でない方でお願いします。

次回が維持療法終了三か月後なので、免疫の評価をすることになってます。とA先生→K教授
なんだか、良くわかってないK先生に翻弄されて、説明して、あっちゅーまに終わった診察時間。


あ、温泉は、家族風呂みたいな清潔なお風呂ならOK、プールはまだまだやめましょうということが分かったのが今日のK先生からの大きな収穫でした。

■一か月前の心機能検査の結果。ちょっとショック。

「この間の心機能検査ね~、正常の域の、下の方でした」
「これから、成長とともに心臓が成長して心機能が上がっていくのか、横ばいなのか、それとも下がっていくのか。半年後の四月にもう一度検査しましょう。」とのこと。

・・・・うーん、一か月前はそんなに心機能検査が頻繁にあるとは聞いてなかったし、多分あんまり結果よくなかったんだなぁ。

ただ、テンテケの場合、今までずっと家にいて、幼稚園に行き始めたのが9月からという事を教授に話したら、それならこれから運動量が増えるだろうし、また変わってくるかもしれないというようなことを言っていた。


こちらはちょっと気がかりな感じですが、特に日常生活について指導もなかったので普通に暮らせばいいんでしょう。

■今日の処方

バクタ(もう一か月飲みましょうってことです)


■薬局、台風で浸水したらしい

いつもの大学病院前の薬局が大勢のスタッフが動き、バタバタと。「今日は機械が調子悪くて」
聞けば、日曜日の台風で30センチくらい浸水して、機械がやられて、印刷関連の作業ができないらしい。店内は、スタッフが片付けたようで跡形もなく綺麗になっていた。大学病院付近は海抜が低いからなぁ・・・しかも薬局、どぶ川の横だし。

幸い、袋詰めする機械などは無事なようで、印字がない状態でバクタをもらって帰る。けど、衛生面で一抹の不安を覚えた母でした。

復旧頑張ってください。


関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

テンテケママ

Author:テンテケママ
東海エリアに住む主婦
写真のクマさんはテンテケ入院中の同志です。

子供たちが成長してきたため、写真など個人情報を多く含む記事は閲覧制限かけました。親しい方で、パスワードを連絡希望の方は下記のメールフォームからのパスワード照会をお願いします。

他の小児ガンの家族と情報共有するため治療関連の情報は変わらず公開しています。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。