スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MRワクチン打ち直し終了

発表会の翌日なので代休。
余裕があるので予防接種打ち直しデビュー。

大学病院で先生に書いてもらった診療情報提供書を持参してかかりつけクリニックに


とりあえず、麻疹を第一にという事だったので、本日はMRワクチン接種にしました。お会計は9000円でした。



はじめ、受付と先生に事の次第を説明。通常の予防接種の予約表の上にマジックで自費と書いた同意書をもらい記入。


院長先生と診察室で相談した内容。

①打つ順番
MR(2/4接種。生ワクチン)→おたふく(四週間あけて3/4以降)→水疱瘡(また四週間)という順番にする


おたふくを優先したのは、耳が聞こえなくなるということがあるため水疱瘡より大切なんだそうで。

以上の三つの予防接種をしたあとは再度大学病院でそのほかのワクチンの免疫検査があるので、抗体が消えている場合こちらも打ち直しになる。


市から助成があり、満5歳の誕生日、9月まで受けれる肺炎球菌とヒブワクチンは、先生に聞いたら、一番必要な時期は1.2歳までなので、現4歳のテンテケにとってはそんなに緊急性がなく、スケジュールに余裕があればという話になる。


②予防接種法の改正の話が先生からも

「改正されたって話で、保健センターに一度電話して聞いてみてください。」って先生からも話がある。
しかし、すでに確認のために電話して、一度打っている者は対象にならない可能性があり、国のいつ来るかわからないという返答待ちであることを先生に話す。
「そうか・・・。」ってがっかりした反応でした。



先生曰く、国会で3月に決まるので、注意していてくださいと。
三月以降に、公費負担にしてあげますって話になる場合もあるからって。三月過ぎたら、また保健センターに問い合わせしてみようかな。

とりあえず、今回第一回目の緊急性の高い、三つの生ワクチンを四週おきに打って、待ち、他の予防接種の抗体を検査して、第二回目のポリオ、BCGや三種混合などの打ち直しが必要な場合、公費が使えるようになるといいねって話をしました。


③水疱瘡、おたふくは複数回数予防接種した方がいい話について

先生曰く、水疱瘡は一年たつと50%抗体が消えてしまうらしい。最近は打ってから一年以内にもう一度予防接種をするといいという水疱瘡二回が推奨されている。

同様に、おたふくも4年すると抗体が消えてしまうらしく、こちらも四年くらいでもう一度打った方がいいそうです。

ちなみに、水疱瘡7000円、おたふく4500円でした。
ペンペコは昨年、水疱瘡が幼稚園で流行っていた時に、家庭にお持ち帰りしない為に、二度目をしている。

④ペンペコの低身長についてグラフを持っていき相談
微妙なラインだね。って。半年に一度検査して、下線を下回るならスクリーニング検査しましょうって話になる。スクリーニング検査は手の骨のレントゲンと血液5CCをとって成長ホルモンを計測するらしい。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

テンテケママ

Author:テンテケママ
東海エリアに住む主婦
写真のクマさんはテンテケ入院中の同志です。

子供たちが成長してきたため、写真など個人情報を多く含む記事は閲覧制限かけました。親しい方で、パスワードを連絡希望の方は下記のメールフォームからのパスワード照会をお願いします。

他の小児ガンの家族と情報共有するため治療関連の情報は変わらず公開しています。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。