スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国からの予防接種法改正について正式な回答が来た

病院受診した当日、市の保健センターの担当者から夕方電話がある。

先日、質問していた予防接種法改正の件で。白血病などで予防接種の打ち直しが必要になった子供が今回の改正で公費の対象になるかどうかという質問をしていた。

2/15に国から県職員への説明会があり、その際、市から委託された県職員がうちの質問を国の担当者に直接聞いてくれたようで。管轄の市の保健センター伝いに電話をもらいました。


結果は
一度病前に接種している場合は対象にならない。
つまり、今までと一緒で、病気治療で抗体がなくなった子供は、なくなったものは自費で受けてくださいということでした。


結論を非常に言い出しにくそうな保健センターの職員さん。大方予想はしていたと言ったらほっとして話を続けてくれた。間に挟まれてるんだから立場的に辛いよな・・・

私が国の担当者と直接話していないので、詳しくはわからないのですが、保健センターの方と話している限りは、あくまでも今回の改正では全く受けてない状態で治療に突入してしまい、旧予防接種法では接種の機会を完全に逸した子供が対象になるそうで、予防接種の費用やチャンスの公平性を保つという事みたいです。
ということは、
主に0-3歳の間に予防接種を病気治療で完全に受けれなかった子供しか該当しない。ちなみに、うちは一歳10か月という早い段階での発病だけど、病前に公費は全部接種していたので、受けれてないのは三歳からの日本脳炎一個でした。


ということで今回の法改正での対象者はかなり限定されるようで、接種後に病気になった多くの小児がんの子どもの家にとっては何のメリットもない法改正でした。




Q今後、範囲が拡大される可能性は?
A今のところそういった動きはないようで・・・

と申し訳なさそうな担当者でした。

Q予防接種が小児慢性特定疾患でカバーされるようにならないんでしょうか?
A予防接種は病気の治療ではないので、難しいかと。

Q逆に公費の予防接種を受けない方っていらっしゃるんですか?
A稀なケースなんですが、宗教上の理由などで受けない方は一部いらっしゃいます。



電話を切ると、後ろからテンテケが「なんかあったの?どうしたの?」って聞いてくる。
珍しく、真剣に話していたので、何事かと心配だったらしい。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

残念でしたね

インフルエンザワクチンのように、費用の半分助成とか・・・でもいいので、なんとかならないものですかねぇ。

後に続く人たちはきっといるので、声を上げていく方がいいんでしょうね。今回担当者の方に公費にという声があるということをくみ取ってほしいと伝えました。

あ~ぁ残念ですね(>_<)
ちょっと期待してたのに~、これからどんどん対象範囲が広がるといいですね
プロフィール

テンテケママ

Author:テンテケママ
東海エリアに住む主婦
写真のクマさんはテンテケ入院中の同志です。

子供たちが成長してきたため、写真など個人情報を多く含む記事は閲覧制限かけました。親しい方で、パスワードを連絡希望の方は下記のメールフォームからのパスワード照会をお願いします。

他の小児ガンの家族と情報共有するため治療関連の情報は変わらず公開しています。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。