スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み&病院主催キャンプ

夏休みになってしまいました。八月に入ると、子供が一日中いる生活にもお互い慣れてきます。

2013080213500001プールBLG
お友達のお家で遊ばせてもらう

blg七五三
今年は二人とも七五三なので前撮りに行ったり。
仕上がりを見ると見事ですが、スタジオ〇リス、予約詰めスギ待ち時間長すぎ・・・

2013071215560000blg空手
空手も頑張っています。たまに防具つけてなんちゃって試合経験もさせてもらってます。でもまだまだ始めたばかりなので形ばかりのものです。


病院のキャンプに行ってきました。準備は主に医学生や看護学部の学生さんのボランティアサークルがしてくれます。他に病院小児科医療スタッフや、寄付をしてくださる企業、研究室の職員、CLS、患者OB団体など多数が参加。今年は114人だそうです。昨年は奈良県で。今年は三重県の南部、大紀町のキャンプ場。
昨年は青少年センターみたいな、建物一体型の大きな施設だったらしいのですが、今年はトイレ水道なしの点在するバンガローでした。坂や、木の根っこに気を付けながらライトつけて夜トイレ行くという感じのキャンプ施設。


昨年は治療後一年たってなかったので秋の日帰りキャンプしかいけませんでしたが、今年は治療後一年たったのでお泊りのほうのキャンプのお誘いが来ました。
もともとキャンプに興味があったのでそんな至れり尽くせりなお膳立てをしてくれるキャンプは願ってもないチャンス。大紀町に行ったとがなかったのですが、山深い清流の流れる場所で、今度は自分の家のキャンプでもこのあたりに来てみようねと話しました。

大学生のおにいさんお姉さんとのふれあいが子供たちにとっては貴重な体験です。班の学生さんたちが非常に良くしてくださるので調子に乗って楽しんでいました。二日目終わるころにはもう一泊したいという程に楽しかったようです。
たまたま同じ班にいた日本語がそんなに堪能ではないアメリカ人のスタッフと初めて知ってる範囲の英語で自己紹介したペンペコは、その方から褒められたのが嬉しかったのか、前以上に英語を頑張ろう!って思ってくれたみたい。海外生活を控えて候補地を調べると日本人学校は遠くて平日は現地校に行かざるを得ない可能性が高いので、最近、家庭での英語教育に少しずつ比重を上げてきた親的にも思わぬ収穫でした。キャンプから帰ってきてから積極的に英語を勉強しようって行動してます。本人のモチベーションって何にも増して大切って実感。

blg2013080409530001

また入院時代からお世話になっている風船の得意な方が来ていてテンテケはしつこく付きまといおねだり。
入院時代は医学部六年生で国家試験の勉強まっ最中だった彼。昨年、卒後研修が終わり、今年四月から本格的に小児科医として働き始めたそうです。すごいなぁ。

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

テンテケママ

Author:テンテケママ
東海エリアに住む主婦
写真のクマさんはテンテケ入院中の同志です。

子供たちが成長してきたため、写真など個人情報を多く含む記事は閲覧制限かけました。親しい方で、パスワードを連絡希望の方は下記のメールフォームからのパスワード照会をお願いします。

他の小児ガンの家族と情報共有するため治療関連の情報は変わらず公開しています。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。