スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/11二か月に一回の大学病院

二か月に一回の大学病院に行ってきました。
早めに行ったので10時前には帰宅

採血は外来長のT先生。久々の採血なので泣きました。
診察は一年ぶりくらいにI先生。テンテケの外来治療は主にI先生でしたが、昨年一年、地域医療の在宅のほうに行ってしまいほとんど診察の際に会うことはなくて、お互い久しぶりでした。

この一年、年中の間にテンテケが大きくなっていたので、外来のおばちゃんたちも先生も驚いた様子でした。
身長106センチ。もうすぐペンペコに追いついちゃうかも。四月からは年長さんになります。


◆血液データ
WBC 5310
ヘモグロビン 12.8
血小板 20万

特に問題なく。


◆診察

ここの所2月の第二週と三月の第二週に風邪をひいて一週間ずるずる熱が続くことはありましたが検査してもインフルエンザではなく、I先生に行っても、ああそうなのって感じでスルーだったので、問題ないようです。
風邪ひくと回復に時間がかかりますが自力で良くなっています。


I先生には近況報告を。パパが海外に行ってしまう事、あとで子供たちと母も行くこと。
I先生は自分も海外研修した経験があるので(というか大学の小児科医師はみんな海外研修の経験がある)抗がん剤治療中からずっと「一緒に海外留学行けるからね」って言っててくれた先生なので、「決まって良かったね」って言ってました。

留学用の保険が既往症にカバーがないことを話して、

「もし向こうで緊急輸血したらいくらかかるか・・・」って言ったら、
「なんかあったらすぐ飛行機で帰っておいで。日本の保険証生きてるし、飛行時間15時間くらいなら帰ってきた方がいいな。大学病院にはいつでも先生たち居るから」って言ってました。

「再発したときすぐ気づけるか・・・」っていったら「まぶたを見といてよ」って言ってました。うーん・・・気づけるのだろうか・・・


小児慢性特定疾患については、次の7月の新規の申請については国内に居住していないので、今の小児慢性特定疾患が9/30に切れたらひとまずなくなることに。帰国したら再度申請することになります。

予防接種については、あまり出国ぎりぎりに打たないようにと注意が。2週間前までには予防接種を終わらせるようにするそうです。なので、おたふく二回目→MR二期→日本脳炎って感じで5.6月くらいから予防接種の仕上げをする方向です。
生ワクチンは出国ぎりぎりにならないように特に気を付けたほうがいいそうです。



次回は5月20日火曜日。このときに白血病の既往についての英語の診療情報提供書を依頼。
その次、国内ラストは7月の初旬に一回。海外に持っていく英語の書類を受け取ることに。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

テンテケママ

Author:テンテケママ
東海エリアに住む主婦
写真のクマさんはテンテケ入院中の同志です。

子供たちが成長してきたため、写真など個人情報を多く含む記事は閲覧制限かけました。親しい方で、パスワードを連絡希望の方は下記のメールフォームからのパスワード照会をお願いします。

他の小児ガンの家族と情報共有するため治療関連の情報は変わらず公開しています。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。