スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステロイドのかゆみ副作用が出ました

■かゆい、寝れない!

予測通り・・・昨夜はぼりぼりお尻や足を引っ掻いて、かゆみで寝返りをバタバタ。日中はかゆがりません。睡眠中です。母子ともあまり眠れませんでした。
気分起伏も昨日から出ていて突然ハイになったり、突然、落ち込んでしくしく泣いて床に転がったり。すっかり振り回されております。食欲は今回は爆発というより偏食になって、好物ののどごしの良い「卵うどん」しか食べなくなってます。


あまり引っ掻くと色素沈着で全身爪のあとで茶色くなってしまいそうで朝早めに外来に電話して先生に内服薬を処方してもらい、しばらくしてから受け取りにいってきました。こんな事なら前もってもらっとけばよかった・・・

「アレジオン」という薬をもらいました。アレルギーの薬ですが、ステロイドの副作用であるかゆみに対して効くそうです。

moblog_d3116808.jpg

プレドニン(肌色錠剤)とアレジオン(白色粉末)




■再発の恐怖のやり過ごし方

薬屋さん帰りに入院中、同じ部屋だった男の子のお母さんとばったり会い、しばし立ち話。退院した後も、しばらく院内学級に通う彼を送って、終わるまで時間つぶしに買い物に行くとか。暑い中ほんとにご苦労様です。
退院後に襲ってくる「再発の恐怖」について二人で語ってきました。「落ち込もうと思えばどこまでも落ち込めるもんなぁ。」って。確かに。時々ナーバスになって親までストレスで癌になりそうって思う。

以前、同じような話しを外来でしてたら、「こどもと歌を歌うといいよ!」と言っているお母さんもいたなぁ。

他にも恐怖のやり過ごし方を沢山知りたい。「ともかく、退院できた今の生活を楽しむしかないよね。」と今日のお母さんはお話してました。

漫画や本を読む、好きな音楽聞く、できる範囲で遊びに出かける、子供と遊ぶ・・・。



■困ること

そう言えば、最近、困っていることが・・・。「野菜などの買い物」。

うちは病院の先生にも「スーパー行くならなるべく短時間でね。」と言われたし、感染リスク下げるために店舗になるべく行かないようにして、今のところ生協の宅配と地元の宅配スーパーで食材の殆どを調達しているんですが、最近よく産地を「愛知、群馬、長野産」とか混合して1商品を売るんですよね。被災地の方の非難を受けるの覚悟の上で言うと、なるべく、東日本産のものは再発リスクをあげないためにも避けたいところなのです。


うちが過敏なのかと、幼稚園のママたちにも聞いてみましたが、やはり程度の差はあれ小さい子供の親なら思うことは同じ。うちのようにあえて、生協の「がんばれ東日本マーク」を逆に避けて買うという意見も。
東京の友人も3月以来、東日本産は避けているとメールで話していました。

今の食の安全の状況を心配する親があつまり、初めて全国集会も開かれたと数日前に夜のニュースで見ました。

キャベツ
キュウリ
ピーマン

混合表示も含めて東日本産を避けていると買えなくなるのがこの野菜。
一大産地なのか、この三種類の野菜はかなりの確率でこちらのスーパーでも見かけます。
でもないと困るので、主人に仕事帰りにスーパーの地場産コーナーで買ってきてもらったりして対処しています。



宅配スーパーに聞いたところ、入荷状況が当日にならないと決まらないとかで。
3月の地震直後は野菜すら「国内産」としか表示してなかったこのスーパー。最近になって産地表示してくれるように変わったのはとても評価できます。
しかし、今度は、東海地区の産地とまぜこぜにして、1つの商品と表示して売っている状況です。東日本産、買う自由もあるけれど、避けて買わない自由はないのだろうか?と疑問に思うところではあります。

被災地から少し地理的に離れているから余計にそう感じるのでしょうが、震災以来、批判を受けるので公然とは言えない本音(被災地の物を食したくない)と建て前(被災地のものを食べて被災地を応援しよう)があるように感じるのは私だけでしょうか・・・
なんだか震災以来、閉塞感があって、今まで以上に住みにくい世の中になってきているような気がします。




肉牛のニュースもとても気になるところです。もちろん、被災地で、苦渋の決断でやったことなのでしょうが・・・となると、他人のモラルに頼れない。テンテケの為だけでなくペンペコのためにも。「うちオージーにしよう・・・。」と旦那と話してました。あ、でもうちに牛肉がでる回数はかなり少ないです。関係あるのは挽肉かな。
牛肉って野菜より更に困るのは、国内産かオーストラリア産というざっくりとした表示しかしてない。松坂牛とかよっぽど高級なお肉以外は。


魚は南から北に回遊するから、サンマは北海道産ではなく地元産のやつ?やはり北海道産の鮭よりアラスカやチリ産の方がリスクが低いのかな・・・?とか夫婦で話したり。

でも、どんなにがんばっても結局、加工工場や、外食産業、給食などは避けて通れない。過敏なのかもしれないけれど、放射能の影響を受けやすい小さな子供を持つ家庭にとっては、特に再発におびえる小児ガン患者の家庭には頭が痛い問題です。



にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

妖弧さんへ

そ、そうなんですねv-405確かにステロイドはアレルギーに使う薬。アレルギー症状には効くんですね。

外来の先生も「なんでか、普通は痒いのに効くはずのステロイドで、副作用でかゆみがでるんさなー」って言ってました。

不思議ですよね。


退院がうれしかった反面、再発の不安におびえるようになるのと同じ事が、維持療法終了の時にも訪れるんですね。納得です。

私たちは一年一年、無事を祈るような気持ちでこれからも過ごしていくのでしょうね。

旦那へ

お小遣い余裕ある時にレンタルで探して読んでみるわ。今月はもうむり・・・去年流行ってたから、なけなしの小遣い使って借りたけど、「けいおん」意外とつまんなかった・・・。

うちは逆です

娘は普段が「痒い病」なんです。
アトピーとは言われてないけど時期によってはかなり痒がって
背中にアイスノンを敷いたり乗せたりして寝かせてます。

でもステロイドを飲んでる間は症状が緩和されるのでほとんど痒みが出ません。

治療が終わったらどうなるかは判らないけど
ステロイドの時期が来るとホッとしたりして(笑)


再発の恐怖ありますよね。
不意に襲ってくるから困ります。
なので出来るだけ目の前だけ見るようにしてます。
他に方法もないし(^^;
これだけは気力で飛ばすしかないかもしれないですね。


10月末に治療が終わったら
薬からの解放と共に不安も来てしまうかな。

まだ想像出来ません。

逆境ナインって知ってる?
プロフィール

テンテケママ

Author:テンテケママ
東海エリアに住む主婦
写真のクマさんはテンテケ入院中の同志です。

子供たちが成長してきたため、写真など個人情報を多く含む記事は閲覧制限かけました。親しい方で、パスワードを連絡希望の方は下記のメールフォームからのパスワード照会をお願いします。

他の小児ガンの家族と情報共有するため治療関連の情報は変わらず公開しています。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。