スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院中の生活

入院生活のことを振り返って。

体調により日々まちまちでしたが。当時二歳で一人遊びが好きなテンテケの一日は大体こんな感じ。


5時 逆流採血 
白血球低いときはほぼ毎日。
夜勤の看護師さんが子供が起きないようにこそっと行う。(ご苦労様です)・・・が、たまに起きて泣くことあり
7時  起床 
末梢で採血の時は朝起きてから駆血帯で縛って逆流採血。 
放送が入ります。牛乳屋さんが病棟入口まで移動販売に来る。たまに買ってみたりする。
8時  朝食配膳 
10時 おやつ配膳
小児科病棟なので幼児食までは午前午後におやつが出てきます。

蒸しタオルが処置室前に使える状態でスタンバイされている午前中のうちに、親が各自ビニールなどに入れて持っていって行う。ベッドで清拭陰部洗浄(おむつの上でボトルシャワー)を済ます。この時間できなくても冷たいおしぼりを電子レンジでチンしたり自由にいつでもできます。
状態がよいと医師からシャワー許可(一親子30分枠)がでますが、テンテケがCV感染を起こしやすかったので親も用心して消極的だったし、清潔に関しては清拭の期間のほうが圧倒的に長かったです。髪はないので拭くだけシャンプーいらず。

処置があったり、個別に来る病棟長、担当医師の診察があったり、当日受け持ちの看護師さんの検温があったり、なんだかんだと訪問者があり、過ぎていく・・・


白血球がたくさんあり、行けるときはプレイルーム行ったり
白血球が低いときはたまにチャイルドライフスペシャリストのお姉さんがおもちゃと一緒に来てくれたり。
火曜日シーツ交換が業者のおばちゃんたちにより行われる。放送が入り、ベッドの上をお片付けしておく

12時 昼食配膳
14時 そうじのおばちゃんが部屋に掃除に来てくれる
(テンテケも小児科病棟担当のおばちゃん大好き。笑顔に癒される)

午後の検温
月曜日と木曜日に教授回診が午後にある。昼寝中だったり寝かしつけ中だったり、上の先生から研修医まで大勢医師が部屋に入ってくるのでるのでお昼寝世代にはありがたくない時間帯。しかも時間不規則。起きてご機嫌な時は教授に遊んでもらったりしてうれしそうだったり。
同室のお兄ちゃんたちは賢いので白血球が高く部屋から出れるときは回診の間はプレイルームに逃げてました。
テンテケの昼寝すると急いで予約を入れて母親が別階の小児科付添用のシャワーに行く時も。(一人20分枠)コインランドリーで洗濯したり、超特急で一人でコンビニ行ったり。もちろん、起きても落下しないようベッド柵は上げて。


15時 おやつ配膳 
市販のボーロ、ジュース、調理したカップケーキ、ミニたい焼き、ジャムパンなどなど
白血球が1000越していたらプレイルームに行ったり、一階のローソン行ったり。
1000以下では部屋から出れないのでベッド上でままごと、DVD、絵本など


18時 夕食配膳
外病院に行ってなければ担当医師が来てくれることが多い。

20時 下膳
(テンテケは食事に最低一時間はかかる) 歯磨き 当直の先生が各ベッドに様子見に来てくれる。病棟長の先生も帰宅前に各ベッドに回って来てくれることが多い
21時 消灯
ステロイドしているときはシリンジポンプで一日のうち四回目?のステロイドも入れる。寝かけたとき終了のアラームピーピー。次のステロイドは翌朝早朝6時くらい。


■小児病棟という特殊な環境で恩恵もあります

プレイルームは23時まで使用可能なので大きい子供はうちのようなおちびとはまた違った病棟生活のようです。
テレビゲームもあり漫画もあり、本もあり。おもちゃもあります。うちより少し年齢が高いとゲーム人気が圧倒的でした。


医学系の学部のサークルの学生さんがちょくちょくイベント(クッキング、工作、ゲーム大会など)をしてくれるので、白血球が高い状態の子供はそれに参加したりもするようです。クッキングに参加できなくてもあとで、ホットサンドイッチやフライドポテトなどその日に作った料理をベッドまで持ってきていただいたりしました。

月一回、名古屋の会社からホスピタルクラウンの人たちがボランティアで来てくれて手品をしたり、バルーンアートをくれたり、たのしいおしゃべりをしてくれたりします。(いでたちに怖がる子供もいますが)

単発で時々、有志のバイオリンコンサートやプロの手品師が手品ショーをしてくれたり、GTドライバーや中日の野球選手の慰問があったりもしました。

あと、ホスピタルクラウンよりバルーンアートの腕前がすごいという噂の、医学部学生さん(小児科希望)のバルーンアートは好評でした。


関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

懐かしいよね

そうそう、忘れちゃう忘れちゃう。
いろんな目にあって治療辛かったはずなのに、いまとなっては給湯室や廊下で他のママとおしゃべりした病棟生活は楽しい部分だけ記憶に残って懐かしかったりするのよね。

そうそう,ひたすら逃げてたよ・・・教授回診(笑)
いまとなってはとっても懐かしいわ~(笑)
入院中は大変だな~っていろんなこと思ったけど,半年もたつとやっぱ忘れちゃうんだよね。
覚えておかなきゃいけないこともいっぱいあるのにね。
プロフィール

テンテケママ

Author:テンテケママ
東海エリアに住む主婦
写真のクマさんはテンテケ入院中の同志です。

子供たちが成長してきたため、写真など個人情報を多く含む記事は閲覧制限かけました。親しい方で、パスワードを連絡希望の方は下記のメールフォームからのパスワード照会をお願いします。

他の小児ガンの家族と情報共有するため治療関連の情報は変わらず公開しています。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。