スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3クール総括

医師からあらかじめ説明があったが、白血球の落ち込みが激しくない。1000を下回ることがなく、部屋から出られて活動の自由度は高いクールだった。メソトレキセートの副作用に口内炎など、粘膜障害があるため、2クールの口内炎から細菌がはいった事による敗血症で苦しんだ我々家族にとってはなるべく粘膜障害を軽減したいところでありかなり努力を行う。(メソトレキセートの排泄は体質がありこれら努力でもどうにもならない時もあるようです)


対策として

①一日三回の歯磨き
口腔内の細菌の量うを減らしておく
②拮抗薬のロイコボリンうがい
これは血液検査の結果により医師より処方される。ロイコボリンはほぼ無味無臭。テンテケには歯磨きの時に水と偽り、うがいさせる。
③氷による口腔内の温度を下げる

口腔粘膜からもメソトレキセートが出てくるのでこれにより粘膜障害として口内炎ができるとされる。口腔内の温度を氷やアイスで下げると血流が低下してメソトレキセートが口腔内に出てきにくくなるという説があるとナースから聞き実践。氷そのものを口に入れるのは二歳のテンテケは嫌がり無理だったので、アイスを食べさせたり、氷をいれたお茶を使用する。



幸い治療をやってみたら、(体質的に)メソトレキセートの排出がうまくいき、口内炎がそんなにひどく出ず、無事にクールを終えることができる。


後半感染症の兆しもあったが、おおむね状態よく過ごすことができる。

髄注後に嘔吐がみられる。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

テンテケママ

Author:テンテケママ
東海エリアに住む主婦
写真のクマさんはテンテケ入院中の同志です。

子供たちが成長してきたため、写真など個人情報を多く含む記事は閲覧制限かけました。親しい方で、パスワードを連絡希望の方は下記のメールフォームからのパスワード照会をお願いします。

他の小児ガンの家族と情報共有するため治療関連の情報は変わらず公開しています。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。